旗の生地

italian-italy-t-shirts
旗を作るときには生地選びも大切なポイント。どのような生地を使えばより効果が出るのか・どのような生地が自分が活用したい方法に合っているのかを知ることが重要になってきます。
今回は旗を作る際によく使われる生地についてご紹介しましょう。

旗の生地について

木綿生地の種類

天竺(テンジク)

のれんや旗など幅広く使われるオーソドックスな生地です。生地巾も平織りで70センチ・90センチ・110センチと様々な種類があります。

金巾(カナキン)

天竺よりも少し薄めですがこちらも平織りで比較的オーソドックスな生地です。生地巾は70センチ・90センチが主流です。

バンデン

太い糸を使用して少し粗目に仕上げている生地。平織りで日よけや旗・幕などに使われることが多いです。

その他の素材

エクスラン

アクリル素材を少し粗目に仕上げていて風邪抜け・耐久性に優れています。主に旗に使われる生地です。

麻(アサ)

主に暖簾を作るとき使われる生地です。天然素材なので織り目は生地ごとにわずかに異なっていて、上品な仕上がりになります。

まとめ

旗は使う生地が違うだけでまったく違う印象を相手に伝えます。自分はどのようなイメージの旗を作りたいのか考えて生地選びにチャレンジしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする