旗の種類について

festival-flags-garden-party

オリジナルの旗を作ろうと思ったらデザインの前に決めなければいけないのが、そんな種類の旗を作るかです。
オリジナルの旗を作ってくれる業者にはどのような旗の種類があるかを知らなければいけません。
旗を作る前に「旗の種類」について知ってみましょう!

旗の種類とは

団体旗

社名や団体名を入れる旗です。タテヨコ2:3で作られることが多く、横長の形が主流とされています。
紐を通すハトメがついていて、棒にくくりつけると大きなフラッグとして使用できます。

フラッグ

小さめのフラッグを商店街の道沿いに並べて飾るなどの活用法が多い旗です。格安で作れるので大量に製作し、インパクトのある宣伝効果が期待できます。

手旗

駅伝や大会などで選手を応援するために持ったり、旅行添乗員が引率するときに持ったりと活用方法が豊富な旗です。
選手名や入れたり、団体名を入れたりするとより目立つデザインになるでしょう。

ペナント

スポーツの応援用・イベント用・おみやげグッズなどとして作られることの多いペナント。
二等辺三角形の三角ペナントも人気ですが、個性の強い形を作るとインパクトも強い旗が完成します。

まとめ

旗を作るときにはどのような活用法をしたいのかを考えて、旗の種類を決めましょう。なぜ旗を作るのかを考えるとそれぞれに合った旗の種類が見えてきます。
自分にぴったりな旗の種類を考えてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする