優勝旗の製作に関わる知識

4106ae349e545a714d8ea255453fb328_s
優勝旗は、ありとあらゆる大会の閉会式の最後を飾る、とても重要なものです。
試合に勝利して優勝旗を掲げるため、数多くのチームが切磋琢磨します。
そのため、優勝旗の見た目が残念であると、閉会式でがっかりされるかもしれません。
反対に、オリジナル性の高い優勝旗は、誰もが憧れる存在になり得ます。
優勝旗の製作を業者に頼む際には、その辺りも考慮する必要があるのではないでしょうか。
なので今回は、優勝旗の製作に関わる知識について、見ていきたいと思います。

優勝旗の製作の基礎知識

優勝旗のサイズ

優勝旗の定番サイズは『縦700mm×横1000mm』になります。
製作業者によっては、標準より大きく、もしくは小さくできるので、事前に調べておきましょう。

優勝旗の仕様

棒に括り付ける優勝旗の左1辺には付いていませんが、残り3辺には、フレンジという金色の飾り紐が付いています。
次に、優勝旗を括り付けるための紐を通すために、優勝旗の左上下に金レザーハトメが取り付けられています。
最後にご紹介するのは、飾り房です。レザーハトメに括り付けられている飾り房は、優勝旗を棒に括り付ける際には外し、紐を通す必要があります。

優勝旗の製作方法

プリントのみ

優勝旗を低コストで製作したい方には、刺繍なしのプリントのみで作成されたものを、オーダーするのがオススメです。
なおかつ短期間で納入されるので、急いでいる方には大変助かります。

プリントと刺繍

優勝旗の製作を、プリントと刺繍の2つの方法を組み合わせての製作もできます。
刺繍による立体感も演出できるので、コストバランスが取れた優勝旗になります。

総刺繍

総刺繍の優勝旗は、一目見て如実に伝わってくる高級感が特徴です。
優勝旗の上質さは言わずもがななので、コストは掛かりますが、非常に立体感と高級感溢れる仕様となります。

まとめ

優勝旗の製作を業者に頼む際には、基礎知識や製作方法を知っていると、スムーズに業者とのやりとりが進むのではないでしょうか。
優勝旗にはその他にも、いくつかの付属品が存在します。
そのため、優勝旗の製作をする時は、付属品についても事前に調べておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする