応援旗の生地について

XEM626003_TP_V (1)
応援旗は、スポーツに関わる部活や団体に必要不可欠な存在です。
チームを表す象徴であるので、大会でチームを応援する際には、必ずと言って良いほど使用されます。
応援旗を自作するには知識が必要な上に手間が非常に掛かるので、業者に任せる方も少なくないです。
今回は応援旗を業者に任せる際に、事前に知っておいて損のない生地について、いくつかご紹介したいと思います。

綿生地

シャークスキン

独特な生地模様が特徴で、柔らかい肌触りです。
応援旗はもちろんですが、その他の用途にもよく使用される綿生地でもあります。

オックスフォード

綿生地が厚く、比較的安く応援旗を製作したい方にオススメです。
スタンダードな生地なので、使用される場面は多いです。

化学繊維生地

テトロントロピカル

生地がやや薄手で軽量でもありますが、丈夫さも併せ持ったポリエステル生地です。
化学繊維生地特有の自由度の高さを持っているので、あらゆるシーンに用いられ、コストパフォーマンスの高さが売りです。

テトロンツイル

汚れにくくて、なおかつ光沢がある生地です。
フルカラーやグラデーションのプリントにも対応できる上、耐久性もいいので、応援旗だけでなく、社旗や手旗にもなれるバランスの良さが特徴です。

テトロントロマット

トロピカルよりも生地が厚手なため、フルカラーに耐えられる耐久性が魅力です。
格安で屋外用の応援旗を製作したい方には、オススメです。

その他

2類ターポリン(ビニール生地)

丈夫さが圧倒的であるため、屋外での長期間使用にも耐えられる生地です。
生地が厚いため、相応の重量を要しており、屋外フェンスなど一定の場所で使用し続ける場合にオススメです。

まとめ

応援旗の生地は、ご紹介したもの以外にも、数多くの生地が存在します。
製作業者によっては取り扱っている生地は異なるので、依頼する前に予め調べておくのがいいかもしれません。また、生地のサンプルを送付してくれる業者もいるので、直接自分の目で確かめられる機会も得られます。
応援旗はチームや団体に必要とされるものなので、なるべく製作に失敗しないように、用途や試用期間を考慮して、生地を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする